贈与税の控除額を賢く使う

相続税を安くしたいこれは誰しもが思うことですよね。そのための王道的な手法として「贈与税の控除額」というものは皆さんご存知でしょうか?

 

国内では現在贈与税という税金があります。
これはどういった税金かと言うと誰かにお金やまたは物品などを上げた時にかかってくる税金のことです。
お金や物を人に贈与したらそれは家族だとしても贈与税がかかってしまうという仕組みが今の日本にはあります。

 

 

では生前に自分の資産を子孫に譲っておくことでただ資産家の資産は無税で資産に譲渡となると、
相続税は全く意味を成さなくなってしまいます。

 

こうした資産家の生前譲渡を無税にしあにために「贈与税」というのがあります。
そのため、贈与税の税率は次のように相続税と連動しています。

 

現在ですと贈与税の最高税率は55%となっていますが、これは相続税の最高税率が55%というものと連動しているからです。
理由は贈与税の税率の方が低ければ相続税がかかる前に贈与しておこうとなるからです。

 

課税価格が贈与税の方がかなり小さいのは贈与は何年にも長期間にわたって贈与を行うことで大きな資産や遺産を移すことができるからです。
ただ、この贈与税には控除額があります。
控除額というのは「ここまでの金額の贈与であれば贈与税はかからないよ」という金額のことです。
この控除額が年間110万円となっています。
だから年間110万円を親族などに贈与しておけば生前に資産を譲渡できるだけです。しかもこの贈与税の控除額は親族だけにとどまらずその他の人にも適用されます。

 

 

 

また贈与税の基礎控除は他人にあげる側だけではなくそれを貰う側にも適用されるのです。
あげる側にとっては誰にあげても控除額以内であれば贈与税はかからないという特徴があります。
つまり資産を保有している人が何人にも毎年110万円までであれば贈与しても OK なんです。

 

 

これをうまく活用することで数年単位で大きな金額の資産を生前に譲渡することが可能です。
例を挙げてみましょう。
親族、人に毎年、110万円ずつ贈与すれば1年間で1100万円の資産譲渡が可能です。
10年やるとすれば1億1000万円となります。

 

これは相続税対策としてとても有効なのでよく覚えておくことをお勧めします。

 

毎年200万円ずつ贈与しても税金は10%

また贈与税の控除額にこだわらず、
ある程度の税贈与税を払っておきながら財産分与するという手法もあります。

 

贈与税の税率は年間200万円までは税率10%で済むという特徴があります。
これを例えば家族5人でそれぞれ年間200万円の贈与したとします。
1000万円の財産分与となります。

 

そのうち一人110万円までは控除されるので課税される金額は450万円だけとなります。
それで税率は10%ですのでわずか45万円となります。

 

これを10年続けていれば1億円の財産分与ができますね。
20年続けていたとしたら2億円。
2億円の資産を分与したとしても税金は、%をはるかに下回る金額ですみます。しかも税金は毎年少しずつ払うわけですから通ってん相続税のように大きな負担感というものは発生しません。

 

つまるところ、生前に財産分与するということは当然相続税を大幅に割引した後分割払いをしているような感じになります。
長寿社会となっていますから六十歳からこれを始めたとしても20年くらいは続けることができるかもしれませんね。
ただ、ちょっとした小金持ちの方もこれで財産の大半は分与できます。
また相続税対策は、不動産の購入などといった大きなリスクや労力を伴うものではありません。

 

手続きも難しくないので税理士に依頼するというような必要もありません。
自分で毎年税務署で贈与税の申告をすれば OK!
税務署員に尋ねてやっていけば誰でも簡単にできますまだこの手法をやっていない人は是非是非この機会に行ってみることをお勧めします。